是正勧告とは
 

是正勧告とは、労働基準法や労働安全衛生法に基づいて労働基準監督署が立ち入り調査(臨検)を行い、その結果、法令違反が認められた場合に受ける勧告・指導のことです。

労働基準監督官は、労働基準法や労働安全衛生法などの法令違反があるかどうかを調べるために会社への立ち入り調査をする権限があります。

 
 
 
臨検の種類
 

臨検には、1.定期監督、2.申告監督、3.災害時監督、4.再監督の4種類があります。

 
 
 
臨検の種類
 
 
 
定期監督に選ばれそうな企業とは
 

定期監督は、任意に企業を選び調査を行うということになっています。

しかし、任意とはいっても次に該当する企業は選ばれやすい傾向があります。

  1. 頻繁に労働災害が起こる業種、企業

  2. 就業規則または36協定の両方かあるいは一方が作成、提出されていない企業

  3. 特別条項付き36協定を締結している企業(長時間労働の可能性がある企業)

  4. サービス残業がありそうな業種(ソフトウエア業、運送業、飲食業など)

  5. 裁量労働制(みなし労働時間制)を採用している企業

  6. 過去に違反や労働者等からの違反申告により労働基準監督署からマークされている企業