是正勧告でやってはいけないこと
 
− 是正勧告を受けてしまったら −
 

迅速かつ誠実な対応を!!

 

是正勧告を受けてしまったら、まずは勧告された内容を検討し、対応すべきものは早急に対応し、所定の期限までに実態にともなった是正報告書を作成し提出しなければなりません。

 

決められた期日(延長した場合は延長した期日)は必ず守り、期日内に是正報告書を提出するようにしましょう。期日に遅れて報告書を提出するのは、よい印象を与えません。

また、割増賃金の未払いなど是正勧告の内容によっては、会社に多大なコストが突然発生する場合があり、専門的な見地から早急な対処が必要となります。

 

そしてもっと大事なことは、今後是正勧告を受けないようにすることです。

その場しのぎでとりあえず是正報告書を提出したとしても、以前と同じように違反の状態を続ければ、従業員からの申告などにより是正勧告をまた受けることにもなりかねません。

 
 
− 是正勧告でやってはいけないこと −
 

是正勧告を受けたにもかかわらず、「こんな改善はできない」などとして是正勧告を無視したり形式的に改善したと見せかけたりすることは大変危険です。

 

是正勧告そのものは、「指定期日までに指摘のあった法令違反事項を是正してください」という行政指導であり、法的な強制力はありません。

しかし、強制力がないからといって勧告に応じなければ、悪質とみなされ最悪の場合、労働基準監督官から検察庁に書類送検されることもあります。

 

最近は特に、企業の法令遵守(コンプライアンス)が注目されています。

書類送検になってしまった場合、新聞等により企業名が公表されてしまうと、社会的信用の低下など多大な損失につながる可能性があります。

 
 
− 法違反事案のうち送検されるもの −
 

是正勧告で次のいずれかに該当する場合には送検される可能性があります。

  1. 労働災害により死者、死傷者が出てその要因として労働安全衛生法等の法令違反があるもの

  2. 重大な法令違反があるもの

  3. 悪質なもの

  4. 社会的影響が大きいもの

  5. 是正勧告を受けたにもかかわらず改善せず、その意思が見られないもの

 
 
どうしよう・・?

 

心配ご無用おまかせ下さい。

 
 
大砂行政労務事務所に依頼するメリット
 

メリット1 豊富な専門知識と経験による速やかな対応

 

労務管理の専門家である社会保険労務士が、これまで数多くの企業の是正勧告対応で培ってきた経験と知識をもとに問題点の把握から対応策まで速やかに対応いたします。

 
 

メリット2 経営者様の立場で労働基準監督官と交渉します

 

是正勧告書で指摘を受けた内容について、経営者様の立場に立って労働基準監督官との交渉・調整・是正報告の完了までをトータルにサポートいたします。

また、労務管理の専門家が同席することで、労働基準監督官との交渉をスムーズに行うことができます。

 
 

メリット3 信頼のある是正報告書の作成

 

是正勧告書で指摘を受けた内容に対して、提出を求められる是正報告書を当事務所で作成いたします。

当事務所では経験と実績に基づく専門家のノウハウも持っていますので、信頼のある是正報告書の作成が可能です。

 
 

メリット4 リスクを減らす労務管理のご提案とサポート

 

今後同じような是正勧告を受けないために、リスクを減らす体制づくりのご提案とサポートをいたします。

 
 

是正勧告の対応については、直接お会いして書類の確認やご説明をさせていただく必要がありますので、兵庫県にある事業所の方限定とさせていただきます。

 
ご質問ご相談はこちら